三賢社

— 連載ブログ —

Buatsui Soup | コリン・ジョイスのブログ

危険信号

2016.10.07

サム・アラダイス元監督の話題を蒸し返して申し訳ないが、ぼくはみんながもっとアラダイスには用心すべきだと思っていた。多くを望む権利があると考え、おとがめなしで済むと思い込んでいる。そんな人物であることをうかがわせるような、大きな手がかりがあったからだ。

(英語では)自分を3人称で呼ぶのは悪しき兆候、というのが衆目の一致するところだ。そこにはおのれを過大評価する尊大さが見え隠れする。(ちなみに日本語だと、自分を3人称で呼ぶのは幼稚さの表れの場合もあると知って、おもしろく感じた)

ぼくはそういう話しかたをする人について、まるで自分が主役の映画のナレーター気取りとか、自分の伝記で目にしたい(目にすると見込んでいる)表現をあからさまに口にしているとか、つい考えてしまう。

例えば、ドナルド・トランプのこんなせりふが思い浮かぶ。「ドナルド・トランプがやると言ったら、ドナルド・トランプならやってくれるんだ」ズラタン・イブラヒモビッチだとこうだ。「あのチームに欠けている要素はズラタンだ。どんなチームだってズラタンがいればよくなる。だが、ズラタンはどんなチームでもプレーするわけじゃない」

アラダイス元監督は自分を3人称で呼んだばかりか、ボルトン時代のファンがつけた"ビッグ・サム"(大物サム)という尊称を使うのがつねだった。あの話しかたこそ警報と受けとめられるべきだったのに。

ともあれ、"切れ者コリン"はアラダイスを一度たりとも信用しなかった。

連載
コリン・ジョイス Colin Joyce
コリン・ジョイス
Colin Joyce

1970年、ロンドン東部のロムフォード生まれ。オックスフォード大学で古代史と近代史を専攻。92年来日し、高校の英語教師、『ニューズウィーク日本版』記者、英紙『デイリーテレグラフ』東京特派員を経て、フリージャーナリストに。07年に渡米し、10年帰国。著書に『「ニッポン社会」入門』、『「アメリカ社会」入門』、『「イギリス社会」入門』、『驚きの英国史』など。最新刊は、『新「ニッポン社会」入門〜英国人、日本で再び発見する』(小社刊)。