三賢社

インヴィンシブル アーセナルの奇跡 エイミー・ロレンス 著 アーセン・ヴェンゲル 序文 東本貢司 菅しおり 訳

定価:本体1850円+税
四六判 並製 328P+口絵8P
ISBN978-4-908655-05-0 C0075
発行:三賢社

インヴィンシブル
アーセナルの奇跡

エイミー・ロレンス[著]
アーセン・ヴェンゲル[序文]
東本貢司 菅しおり[訳]

38戦26勝12分0敗。
いま明かされる"インヴィンシブル=無敵"シーズンの秘密。
これは、彼らの言葉で綴られた驚くべき物語だ。

プレミアリーグ2003-04シーズン。アーセン・ヴェンゲル率いるアーセナルは、前代未聞の快挙を成し遂げた。無敗で栄冠を勝ち取ったのだ。

その中心プレーヤーは、ベルカンプ、アンリ、ヴィエラ、ピレス……。インヴィンシブルズと称えられる強烈な個性の持ち主たちを、指揮官はいかにしてまとめ上げたのか。無敗優勝へと突き進めた原動力とは何だったのか。高潔なチームスピリットはどのように育まれていったのか。

不滅ともいわれる快進撃の舞台裏を、ヴェンゲル監督はじめ、当時のプレーヤー、関係者への膨大なインタヴューを交えて描く、本格的スポーツドキュメント。

対岸へ。オーシャンスイム史上最大の挑戦 ダイアナ・ナイアド[著] 菅しおり[訳]

定価:本体2500円+税
四六判 上製 388P
ISBN978-4-908655-04-3 C0098
発行:三賢社

対岸へ。
オーシャンスイム史上最大の挑戦

ダイアナ・ナイアド[著]
菅しおり[訳]

著者ダイアナ・ナイアドは64歳にして、フロリダ海峡180kmを泳いで横断するという偉業をなし遂げた。そこはサメや毒クラゲの恐怖が待ち受け、激しいメキシコ湾流がゆくてを阻む、すべてのウルトラ・スイマーにとって別格の海域。

エベレスト登頂にたとえられる、オーシャンスイムの最難関だ。

要する時間は50〜60時間。スイマーはその間一睡もせず、人間の常識をはるかに超えた精神と肉体の極限に挑む。

いったい何が彼女を、これほど壮大な企てに突き動かしたのか。

幼少期に受けた性的虐待、同性愛者としての苦悩、家族の死など自らの人生をさらけだしながら、その答えをあきらかにしていく感動のノンフィクション!

フランク・デリク81歳 素晴らしき普通の人生 J・B・モリソン[著] 近藤隆文[訳]

定価:本体1650円+税
四六判 並製 328P
ISBN978-4-908655-03-6 C0097
発行:三賢社

フランク・デリク81歳
素晴らしき普通の人生

J・B・モリソン[著]
近藤隆文[訳]

冒険は、どんなにささやかなものであれ、
あらゆる年齢の人に訪れる

年金生活者が多く住むイギリス南部の海辺の村で、愛猫のビルと暮らすフランクは、
81歳の誕生日、牛乳配達車に轢かれ、腕と足を骨折してしまう。
毎日をつぶすのは、元気な時ですらひと苦労だったというのに。
これからの数週間が、ひどく長いものになるのは確実だ。

そんな彼の生活に、さわやかな一陣の風が吹き込んでくる。
ケリー・クリスマスというホームヘルパーだ。小さな青い車で乗りつける彼女は、
駐車の腕前こそひどいものの、明朗快活でジョークにも笑ってくれる。
ケリーの登場で、フランクの「普通の人生」は突然輝き出すのだが……。

イギリスで、あらゆる世代をとりこにしたユーモア小説の傑作。

著者 J・B・モリソン
ミュージシャン、作家。ロンドン生まれ。パンクポップバンド、カーターUSM(カーター・ジ・アンストッパブル・セックス・マシーン)のシンガー、ジム・ボブとして活躍。小説は本作が3作目、映画の脚本も書いている。

馬はなぜ走るのか 辻谷秋人[著]

定価:本体1200円+税
四六判 並製 216P
ISBN978-4-908655-02-9 C0075
発行:三賢社

馬はなぜ走るのか
やさしいサラブレッド学

辻谷秋人[著]

馬ってすごい!

「走るために生まれてきた」と言われるけれど、本当に馬は走るのが好きなのだろうか。勝ちたいと思って走っているのか。どんなところを、どのように走っているか。なぜ人の指示どおりに走るのか……。そんな、競馬ファンの素朴な疑問に答えます。

進化、行動、運動生理……。競馬の主役・サラブレッドの生態や肉体を、「走る」をキーワードに切り取った、スポーツ科学的ノンフィクション。競馬を見る目も大きく変わります!

Now How to Japan

本体900円+税 
新書判 並製 160P
ISBN978-4-908655-01-2 C0082 
発行:三賢社

Now How to Japan
Fresh Discoveries, Further Reflections

コリン・ジョイス[著]

とびきりのユーモアとアイロニーを
英語で楽しもう。

“一味も二味も違う日本論”と評判の、『新「ニッポン社会」入門』の英語版。抑制の利いた、シャープなイギリス英語が味わえます。「ゆるキャラ」「ナマハゲ」「Jリーグ」など、日本人にも親しみやすいテーマと内容です。

英語学習にも最適!

著者のコリン・ジョイス氏は『NHKラジオ英会話』の連載エッセイでもお馴染み。
「あらためて英語学習をしたい」「いまの英語力をさらに高めたい」「自分にとって関心のあるテーマや親しみやすい内容を英語で読みたい」そんな方にぴったり! 日本語版と併読すれば、理解がさらに深まります。

Notes 新「ニッポン社会」入門〜英国人、日本で再び発見する
新「ニッポン社会」入門〜英国人、日本で再び発見する

定価:本体1400円+税
四六判 並製 208P+カラー口絵8P
ISBN978-4-908655-00-5 C0098
発行:三賢社

新「ニッポン社会」入門
英国人、日本で再び発見する

コリン・ジョイス[著]
森田浩之[訳]

日本論なら、この人におまかせ!

10年ぶり、あの快作がパワーアップして帰ってきた。初の著書『「ニッポン社会」入門』で、日本社会の本質を鮮やかに描き出したコリン・ジョイスが、再びその真相に鋭く迫る抱腹必至のエッセイ集。今回も、思いもよらないような発見と磨き上げられたユーモアが満載。東京オリンピックを4年後に控え、ますます増え続ける訪日外国人。異国の生活に戸惑う彼らの心情を知り、自らを省みるためにも最適の1冊。

ぼくはもう、そんなことでは驚かないしこんなことだって理解している。

日本ではあざらしにも住民票がある/ゆるキャラは見かけによらず戦略家だ/「ざるそば」は「猿そば」ではない/「前向きに検討します」は断りの言葉だ/”逆ギレ”はアメリカに輸出すべきフレーズかも/冬にTシャツは、御法度だ/銀杏拾いは、とても「社会的」な活動だ/日本のサービスは、善意からばかりとは限らない