三賢社

なぜオックスフォードが世界一の大学なのか コリン・ジョイス 菅しおり訳

定価:本体1500円+税
四六判 並製 240ページ+カラー8ページ
ISBN978-4-908655-09-8 C0036
発行:三賢社

なぜオックスフォードが
世界一の大学なのか

コリン・ジョイス
菅しおり訳

なぜオックスフォードが世界一の大学なのか。
それは、この本を読めばわかります。

数多くの偉人、賢人を生み出し、とくに人文科学の分野では他の追随を許さないイギリスのオックスフォード大学。世界大学ランキングでは2年連続の1位に輝いている。しかし、その素顔はアメリカの有名大学ほど明らかではない。カレッジやチュートリアル(個別指導)などの特徴的な制度、向学を支える優れた施設や環境、そしてユニークな入学試験やトラウマになるほど厳しい卒業試験……。知日家イギリス人、コリン・ジョイスが愛を持って伝えるオックスフォードのすべて。

オックスフォードについて、
いくつ知っていますか。

  • ・国立大学でも私立大学でもない
  • ・大学に通うのはふつう3年間
  • ・1年の半分以上は授業がない
  • ・38のカレッジに分かれている
  • ・個別指導の授業が中心である
  • ・卒業試験は正装して受ける
  • ・サッカーのFAカップに優勝した

●本書の内容

Ⅰ オックスフォードはどこが優れているか
  1. 1.すべては“カレッジ”から始まる
  2. 2.ユニークで世界一公正な入学試験
  3. 3.大学院くらいきびしい専攻課程
  4. 4.世界に冠たる二大科目
Ⅱ オックスフォード生はこうして知性を磨いていく
  1. 5.一流の学者による個人レッスン
  2. 6.“勉強中毒”になる理想的な環境
  3. 7.世界でいちばん難度の高い卒業試験
  4. 8.学生を格付けする成績評価システム
  5. 9.勉学の“助け”にもなる課外活動
Ⅲ オックスブリッジは特権階級?
  1. 10.“ザ”・ボート・レースの謎
  2. 11.オックスフォードかケンブリッジか
  3. 12.本当に門戸は開かれているのか
  4. 13.オックスブリッジはエリートへの道?
Ⅳ さらに深く知るオックスフォード
  1. 14.オックスフォードのトリビア
  2. 15.カレッジの殿堂、オール・ソウルズ
  3. 16.オックスフォード語ミニ辞典
  4. 17.変わりゆくオックスフォード
  5. 18.そして、オックスフォード生は今……

ウィナーズ 勝利をつかむ思考 アラスター・キャンベル 池村千秋訳

定価:本体2000円+税
四六判 並製 496P
ISBN978-4-908655-08-1 C0030
発行:三賢社

ウィナーズ
勝利をつかむ思考

アラスター・キャンベル
池村千秋訳

イギリス総選挙で労働党を3回連続の勝利に導いた辣腕ストラテジスト、アラスター・キャンベルがたどり着いた結論——、

「勝者とは?」「勝者の思考とは?」「勝者の条件とは?」

ドイツのメルケル首相、クリントン元アメリカ大統領、アルバニアのエディ・ラマ首相など世界を動かす指導者に始まり、ヴァージン・グループ総帥のR・ブランソン、アメリカ版ヴォーグ編集長アナ・ウィンターら、トップを牽引し続けるビジネス界のリーダーたち。さらには多くの信奉者をもつサッカーのモウリーニョ監督、陸上長距離界の哲人・ゲブレセラシェ、大リーグのイノベーター、元アスレチックスGMビリー・ビーン……と、政界・ビジネス界・スポーツ界の数多の「勝者たち」への膨大なインタビュー、至言の引用を元に構成した、これまでにまったく類のない「勝利」へのレッスン。

日常のささやかな目標から、世界を変える活動まで。勝利を収めたいと願うすべての人を奮い立たせる、刺激に満ちた1冊。

名馬を読む 江面弘也

定価:本体1700円+税
四六判上製 304P+カラー8P
ISBN978-4-908655-07-4 C0075
発行:三賢社

名馬を読む

江面弘也

名馬に歴史あり、歴史に名馬あり。

クリフジ、シンザン、ハイセイコー、テンポイント、トウショウボーイ、
シンボリルドルフ、オグリキャップ、ディープインパクト、ジェンティルドンナ……。
はじめて知る戦前の大女傑、うわさに聞く歴史的五冠馬、なつかしのアイドルホース。
殿堂入りした名馬たちには、語り継ぐべき栄光と蹉跌のドラマがある。

背景となった時代に、その生い立ちや知られざるエピソードを織り交ぜながら綴る、
JRA顕彰馬32頭の蹄跡と、それを支えた人びとの物語。

「名馬」を識ることで、競馬はもっと深く、愉しくなる。
当時を回想するカラー写真8Pも収録。

いけばなときもの 池坊専好 矢嶋孝敏

定価:本体1380円+税
A5判 並製 168P(うちカラー32P)
ISBN978-4-908655-06-7 C0095
発行:三賢社

いけばなときもの

池坊専好 矢嶋孝敏

「数少なきは心深し」「余白を生かす」「心地よいアンバランス」
「形より姿」「分かち合う気持ち」……。

日本の伝統文化を代表するふたりが、
いけばなときものに通じる「日本の美意識」について語り合いました。
長い歴史の中で、日本人の生活を彩ってきた伝統文化の魅力が、
親しく面白く感じられます。
そして同時に、いまを生きる私たちにとっての、
日本人らしい暮らしや生き方のヒントも見つかります。

著者

池坊専好
華道家元池坊の次期家元。女性初の家元継承者で、2015年に専好を襲名した。
2013年にはニューヨークの国連本部で平和祈念の献花を行うなど、多彩に活動。
矢嶋孝敏
株式会社やまと代表取締役会長。創業100年の同社において、日本のきもの文化継承のための、
きもの改革に取り組む。
インヴィンシブル アーセナルの奇跡 エイミー・ロレンス アーセン・ヴェンゲル序文 東本貢司 菅しおり訳

定価:本体1850円+税
四六判 並製 328P+口絵8P
ISBN978-4-908655-05-0 C0075
発行:三賢社

インヴィンシブル
アーセナルの奇跡

エイミー・ロレンス
アーセン・ヴェンゲル序文
東本貢司 菅しおり訳

38戦26勝12分0敗。
いま明かされる"インヴィンシブル=無敵"シーズンの秘密。
これは、彼らの言葉で綴られた驚くべき物語だ。

プレミアリーグ2003-04シーズン。アーセン・ヴェンゲル率いるアーセナルは、
前代未聞の快挙を成し遂げた。無敗で栄冠を勝ち取ったのだ。

その中心プレーヤーは、ベルカンプ、アンリ、ヴィエラ、ピレス……。
インヴィンシブルズと称えられる強烈な個性の持ち主たちを、
指揮官はいかにしてまとめ上げたのか。
無敗優勝へと突き進めた原動力とは何だったのか。
高潔なチームスピリットはどのように育まれていったのか。

不滅ともいわれる快進撃の舞台裏を、ヴェンゲル監督はじめ、当時のプレーヤー、
関係者への膨大なインタヴューを交えて描く、本格的スポーツドキュメント。

対岸へ。オーシャンスイム史上最大の挑戦 ダイアナ・ナイアド 菅しおり訳

定価:本体2500円+税
四六判 上製 388P
ISBN978-4-908655-04-3 C0098
発行:三賢社

対岸へ。
オーシャンスイム史上最大の挑戦

ダイアナ・ナイアド
菅しおり訳

著者ダイアナ・ナイアドは64歳にして、
フロリダ海峡180kmを泳いで横断するという偉業をなし遂げた。
そこはサメや毒クラゲの恐怖が待ち受け、激しいメキシコ湾流がゆくてを阻む、
すべてのウルトラ・スイマーにとって別格の海域。

エベレスト登頂にたとえられる、オーシャンスイムの最難関だ。

要する時間は50〜60時間。スイマーはその間一睡もせず、
人間の常識をはるかに超えた精神と肉体の極限に挑む。

いったい何が彼女を、これほど壮大な企てに突き動かしたのか。

幼少期に受けた性的虐待、同性愛者としての苦悩、
家族の死など自らの人生をさらけだしながら、
その答えをあきらかにしていく感動のノンフィクション!

フランク・デリク81歳 素晴らしき普通の人生 J・B・モリソン 近藤隆文訳

定価:本体1650円+税
四六判 並製 328P
ISBN978-4-908655-03-6 C0097
発行:三賢社

フランク・デリク81歳
素晴らしき普通の人生

J・B・モリソン
近藤隆文訳

冒険は、どんなにささやかなものであれ、
あらゆる年齢の人に訪れる

年金生活者が多く住むイギリス南部の海辺の村で、愛猫のビルと暮らすフランクは、
81歳の誕生日、牛乳配達車に轢かれ、腕と足を骨折してしまう。
毎日をつぶすのは、元気な時ですらひと苦労だったというのに。
これからの数週間が、ひどく長いものになるのは確実だ。

そんな彼の生活に、さわやかな一陣の風が吹き込んでくる。
ケリー・クリスマスというホームヘルパーだ。小さな青い車で乗りつける彼女は、
駐車の腕前こそひどいものの、明朗快活でジョークにも笑ってくれる。
ケリーの登場で、フランクの「普通の人生」は突然輝き出すのだが……。

イギリスで、あらゆる世代をとりこにしたユーモア小説の傑作。

著者 J・B・モリソン
ミュージシャン、作家。ロンドン生まれ。パンクポップバンド、カーターUSM(カーター・ジ・アンストッパブル・セックス・マシーン)のシンガー、ジム・ボブとして活躍。小説は本作が3作目、映画の脚本も書いている。

馬はなぜ走るのか 辻谷秋人

定価:本体1200円+税
四六判 並製 216P
ISBN978-4-908655-02-9 C0075
発行:三賢社

馬はなぜ走るのか
やさしいサラブレッド学

辻谷秋人

馬ってすごい!

「走るために生まれてきた」と言われるけれど、本当に馬は走るのが好きなのだろうか。勝ちたいと思って走っているのか。どんなところを、どのように走っているか。
なぜ人の指示どおりに走るのか……。そんな、競馬ファンの素朴な疑問に答えます。

進化、行動、運動生理……。競馬の主役・サラブレッドの生態や肉体を、
「走る」をキーワードに切り取った、スポーツ科学的ノンフィクション。
競馬を見る目も大きく変わります!

Now How to Japan コリン・ジョイス

本体900円+税 
新書判 並製 160P
ISBN978-4-908655-01-2 C0082 
発行:三賢社

Now How to Japan
Fresh Discoveries, Further Reflections

コリン・ジョイス

とびきりのユーモアとアイロニーを
英語で楽しもう。

“一味も二味も違う日本論”と評判の、『新「ニッポン社会」入門』の英語版。
抑制の利いた、シャープなイギリス英語が味わえます。
「ゆるキャラ」「ナマハゲ」「Jリーグ」など、
日本人にも親しみやすいテーマと内容です。

英語学習にも最適!

著者のコリン・ジョイス氏は『NHKラジオ英会話』の連載エッセイでもお馴染み。
「あらためて英語学習をしたい」「いまの英語力をさらに高めたい」
「自分にとって関心のあるテーマや親しみやすい内容を英語で読みたい」
そんな方にぴったり! 日本語版と併読すれば、理解がさらに深まります。

Notes 新「ニッポン社会」入門〜英国人、日本で再び発見する
新「ニッポン社会」入門〜英国人、日本で再び発見する コリン・ジョイス 森田浩之訳

定価:本体1400円+税
四六判 並製 208P+カラー口絵8P
ISBN978-4-908655-00-5 C0098
発行:三賢社

新「ニッポン社会」入門
英国人、日本で再び発見する

コリン・ジョイス
森田浩之訳

日本論なら、この人におまかせ!

10年ぶり、あの快作がパワーアップして帰ってきた。
初の著書『「ニッポン社会」入門』で、
日本社会の本質を鮮やかに描き出したコリン・ジョイスが、
再びその真相に鋭く迫る抱腹必至のエッセイ集。
今回も、思いもよらないような発見と磨き上げられたユーモアが満載。
東京オリンピックを4年後に控え、ますます増え続ける訪日外国人。
異国の生活に戸惑う彼らの心情を知り、自らを省みるためにも最適の1冊。

ぼくはもう、そんなことでは驚かないしこんなことだって理解している。

日本ではあざらしにも住民票がある/ゆるキャラは見かけによらず戦略家だ/「ざるそば」は「猿そば」ではない/「前向きに検討します」は断りの言葉だ/”逆ギレ”はアメリカに輸出すべきフレーズかも/冬にTシャツは、御法度だ/銀杏拾いは、とても「社会的」な活動だ/日本のサービスは、善意からばかりとは限らない