三賢社

新「ニッポン社会」入門〜英国人、日本で再び発見する

定価:本体1400円+税
四六判 並製 208P+カラー口絵8P
ISBN978-4-908655-00-5 C0098
発行:三賢社

新「ニッポン社会」入門
英国人、日本で再び発見する

コリン・ジョイス[著]
森田浩之[訳]

日本論なら、この人におまかせ!

10年ぶり、あの快作がパワーアップして帰ってきた。初の著書『「ニッポン社会」入門』で、日本社会の本質を鮮やかに描き出したコリン・ジョイスが、再びその真相に鋭く迫る抱腹必至のエッセイ集。今回も、思いもよらないような発見と磨き上げられたユーモアが満載。東京オリンピックを4年後に控え、ますます増え続ける訪日外国人。異国の生活に戸惑う彼らの心情を知り、自らを省みるためにも最適の1冊。

ぼくはもう、そんなことでは驚かないしこんなことだって理解している。

日本ではあざらしにも住民票がある/ゆるキャラは見かけによらず戦略家だ/「ざるそば」は「猿そば」ではない/「前向きに検討します」は断りの言葉だ/”逆ギレ”はアメリカに輸出すべきフレーズかも/冬にTシャツは、御法度だ/銀杏拾いは、とても「社会的」な活動だ/日本のサービスは、善意からばかりとは限らない