三賢社

— Web連載 —

中村伸の寄席通信(中村伸)

中村伸の寄席通信

落語を中心に、講談、漫才、浪曲、コント、
曲芸、奇術、三味線音楽、ものまねなど、
さまざまな演芸を楽しむことができる寄席。
注目のスター、いぶし銀のベテラン、個性派、仕事人など
多彩な芸人が出演し、3~4時間の公演時間を飽かさない。
東京の至宝ともいえる上野、新宿、浅草、池袋にある寄席の「現在」を
『寄席の底ぢから』(2018年小社刊)の著者がレポート。

第12回
(日本語) 師走の寄席

Sorry, this entry is only available in Japanese.

中村伸の寄席通信 | 中村伸 なかむら・のびる

中村伸なかむら・のびる

1961年東京生まれ。出版社勤務からフリーランスに。編集者、伝記作家。著書に『寄席の底ぢから』(三賢社)。落語は好きで、DVDブック『立川談志全集 よみがえる若き日の名人芸』(NHK出版)や、『談四楼がやってきた!』(音楽出版社)の製作に携わる。ほかに水木しげる著『ゲゲゲの人生 わが道を行く』、ポスターハリスカンパニーの笹目浩之著『ポスターを貼って生きてきた』、金田一秀穂監修『日本のもと 日本語』などを構成・編集。